会社概要

会社情報

会社名中山水熱工業株式会社
所在地〒513-0835 三重県鈴鹿市平野町7686-10
電話番号059-375-0330
FAX番号059-379-4704
E-mailinfo@nsx.co.jp
代表者名中山 慎司
事務所定休日土曜午後、日曜、祝日
工場定休日火曜、水曜
営業時間8:00~17:00
業務内容建設業(管工事業) 給排水衛生設備、水処理施設(給水・排水)、空調設備、ボイラ設備、熱交換器、冷凍機、冷却設備、温調設備、空圧システム、油圧システム、水圧駆動システム、他付帯配管工事、保温保冷等断熱工事、塗装工事、ほか建築工事全般およびメンテナンスサービス

社歴・沿革

昭和43年6月日本ボイラ協会三重支部の後援を得て三重県津市西新町1963に中山水熱工業所を設立しボイラ工業、各種配管工事を主として営業を開始。
昭和44年11月社名を中山水熱工業株式会社に変更
昭和44年12月鈴鹿市平田町(本田技術前)に鈴鹿出張所を開設
昭和46年2月三重県津市一身田大古曽字深田174-1に事務所及び工場を移転
昭和47年3月資本金を500万円に増額
昭和48年7月鈴鹿出張所移転(鈴鹿市国府町78-9-9)
昭和54年9月資本金を1,000万円に増額
昭和54年10月鈴鹿工場建設(160m2)
昭和61年1月鈴鹿工場増築(320m2)
平成2年12月本社社屋建設
平成5年9月資本金を1,500万円に増額
平成9年7月本社を鈴鹿に移転(鈴鹿市平野町7686-10)
平成14年12月ISO9001・2000認証取得
平成15年10月経営革新支援法に基づく承認(第211号)取得
平成21年6月日本設備管理学会「ものづくり大賞」受賞

アクセスマップ

許可一覧

  • 一般建設業
  • 三重県知事許可(般-17)第2145号
  • 管工事業,機械器具設置工事業
  • 経営革新支援法に基づく承認 第211号

法的公認資格一覧

資格人数資格人数
監理技術者1 1級管工事施工管理技士2
2級管工事施工管理技士1 2級土木施工管理技士2
1級技能士(建築配管作業)1 2級技能士(建築配管作業)1
2級技能士(旋盤作業)1 エネルギー管理士1
2級ボイラ技士1 下水道排水設備工事責任技術者5
給水装置工事主任技術者6 給水工事責任技術者2
貯水槽清掃作業監督1 浄化槽設備士1
第2種電機工事士1 低圧電機業務特別教育1
液化石油ガス設備士1 ガス消費機器設備工事監督者1
危険物取扱者(乙種4種)1 消防設備士(甲種第1種)1
第二種酸素欠乏危険作業主任者技能講習4 酸欠作業特別教育1
雇用管理研修専門コース修了1 安全衛生推進者能力向上1
職長教育3 KYT研修2
車両系建設機械運転技能講習(3t以上)1 床上操作式クレーン運転技能講習3
小型移動式クレーン運転技能講習9 ガス溶接技能講習9
玉掛技能講習8 高所作業者運転技能特例講習9
アーク溶接業務特別教育技能講習5 空調システム基礎講習1
空調基礎講習1 ISO 9000S 内部品質監査員養成コース講習7
ダイオキシン類特別教育2 フォークリフト運転技能講習1
クレーン運転業務特別教育2 安全衛生推進者能力向上(初任時)教育修了1
土止め支保工作作業主任者修了1 地山掘削作業主任者修了1
小型車両系建機(整地用3t未満)特別教育1   

主要取引先

主な受註先

三重県 本田技研工業株式会社
株式会社ダイフク ニプロファーマ株式会社
三恵技研工業株式会社安濃工場 クレハエトラストマー株式会社
鈴鹿市役所 津市役所
株式会社エイチワン亀山製作所 八千代工業株式会社
リケンテクノス株式会社 西川設備工業株式会社
日本メンテナスエンジニアリング株式会社 住友電装株式会社
山下ゴム株式会社 東洋電装株式会社
国立大学法人三重大学 国立鈴鹿工業高等専門学校
ホンダ開発株式会社 日本ガイシ株式会社
東芝キャリア空調サービス株式会社 株式会社ユタカ技研
柳河精機株式会社

主な協力会社

旭工機株式会社 株式会社五光商会
三浦工業株式会社 亀井機工株式会社
ダイキン空調東海株式会社 有限会社山本工具店
菱工産業株式会社 西口金物株式会社
三重保安商事株式会社 有限会社津機工
大洋機工 三菱重工空調システム株式会社
株式会社福村工業 関西保温工業株式会社
中部企業株式会社 有限会社池崎電機工業
金光管工業 高楠塗装
イイバ鉄工 ニチアス株式会社
株式会社明治屋 エンジコム株式会社
株式会社日本サーモエナー 東芝電材マーケティング株式会社

取引銀行

百五銀行津新町支店 百五銀行平田町駅前支店
第三銀行鈴鹿支店

会員となっている団体

三重県ボイラ整備工業会 鈴鹿商工会議所SUZUKA産学官交流会
企業環境ネットワークみえ 三重県赤十字有功会
みえ新産業創造交流会(三重県産業支援センター) 三重アライアンス研究会(三重県産業支援センター)
本田技研工業(株)鈴鹿製作所安全協力会「五日会」 クレハエラストマー株式会社協力会

営業種目一覧

塗装工事
構造物に塗料を塗ったり吹き付けたりする工事です。
屋根断熱塗装などでは低コストで空調コストを削減することも可能になりました。
保温保冷等断熱工事
機器や配管あるいは建物の壁体等から外部への熱の流出、外部からの熱の侵入をぐための工事をいう。
省エネルギー、地球温暖化防止のために重要な工事です。
他付帯配管工事
さまざまな流体の輸送を行うために使われる配管を機械と接続するための工事です。
流体、温度、圧力など用途や条件により様々な種類の配管材料が使われていてます。
施工方法も金属配管の溶接、ねじ込みを基本として様々な仕様があります。
水圧駆動システム
従来の駆動方法は主に電気、油圧、空気圧であったものに対して、エネルギー伝達媒体として「水道水」を用いるのが水圧駆動システムです。
環境融和、安全、衛生そして、省資源、省エネルギーといった側面から水圧駆動システムは機械産業には多大な貢献をもたらすと期待されています。
油圧システム
油圧システムはエネルギーの伝達方式として多用されており、身近なところでは自動車や航空機、建設機械や水門等に使用されている。
特に油圧は他の伝達方式である電気や機械(ギア)に比べてコンパクトで重量物を動かしたり、作動させることができる。
空圧システム
圧縮空気を利用したさまざまな機械の駆動や機械の制御などを行うシステムです。 
温調設備
温度調節設備のことで、一定温度に調節する設備のことです。
空調設備も温調設備の一つですが、プラント設備にはさまざまな温度調節設備が使われています。
冷却設備
冷凍機が常温よりも低い温度まで冷やすのに対して、常温近くまで冷却する設備を冷却設備と呼んでいます。
冷却塔(クーリングタワー)や冷却塔を利用した冷却水循環設備や空気による冷却ファン(エアフィンクーラー)、海水などによる冷却設備などがあります。
冷凍機の2次冷却設備などのほか工場、プラントで多数利用されています。
冷凍機
常温よりも低い温度を保つための機械を冷凍機といいます。
冷凍機は、温度を下げるためヒートポンプを応用し熱を移動させる熱源設備(熱源機械)ですが、いくつかの種類があります。
ヒートポンプとは、冷媒を用いて低温の熱源(目的とする対象)から熱量を奪い、高温の熱源(水や空気など)に熱を捨てる作用を行う、熱を汲み上げる機械のことです。
熱交換器
熱交換器は、温度の高い物体から低い物体へ効率的に熱を移動させる機器です。
金属その他の隔壁を通じて2つの流体間で熱の授受を行う装置で、自動車用途のラジエータ、オイルクーラー、インタークーラーなどは熱交換器です。
産業界のあらゆる加熱・冷却プロセスや発電所や製油所などのプラントで使われてます。
エアコン、冷蔵庫、冷凍機、給湯器などにも熱交換器が使われています。
ボイラ設備
ガス/石油/石炭などを燃料にして水を暖め、温水若しくは蒸気を作る機械がボイラ設備です。
暖房や工場、プラントでの加熱源として一定温度の熱や一定の圧力を継続的に得るためには、温水や蒸気が安全で便利なためにボイラーが利用されています。
ボイラーの種類には、水管式、強制循環式、貫流式、円筒式、立形、煙管式、舶用形、機関車形などがあります。
空調設備
人が快適に過ごす為に「温度」、「湿度」、「空気清浄」、「気流」をコントロールする設備のことで正式には「空気調和設備」といいます。
一般的にエアコンと呼ばれているものは、冷暖房設備で温度を調節するものです。
最近では湿度調節器機能や空気清浄機能が付加されているものもあります。
水処理施設(給水・排水)
給水処理設備は、純水装置などの高純度の用水の供給装置や、軟水器などのようにミネラル分を取り除いてボイラに給水するための水処理装置や脱酸素装置、フィルターによる異物除去装置、ストレーナーなどまでさまざまな施設、設備があります。
排水処理設備は、汚れた水(生活排水や工場排水)を環境へ影響の出ないキレイな水に処理する設備です。
物理化学処理と生物処理によるものが中心です。
給排水衛生設備
給水設備・排水設備・給湯設備・衛生器具(洗面台、便器)などを指します。

会社案内

中山水熱工業株式会社

〒513-0835
三重県鈴鹿市平野町7686-10

電話番号 メールでのお問い合わせはコチラ

このページの先頭に戻る